FC2ブログ

続き

web拍手 by FC2








翌日、任務の為に訪れた世界の天気は生憎の雨だった。降りしきる大粒の雨で視界の悪い中、私は標的であるロストロギアの破壊任務にあたっていた。メンバーは少数部隊。無数に飛び回るがジェットドローンを破壊しつつ、ロストロギアが位置する古い遺跡へと向かって激しい雨の中を飛ぶ。


「─────はぁぁッ!」


3機のガジェットドローンが目の前に現れて、バルディッシュを握り直す。ギリギリまで引きつけて、避わしつつ背後に回ったガジェットドローンを一撃で破壊。何体破壊してもどんどん増えるガジェットドローン。これじゃあキリが無い………


『一斉総破します!皆さん引いてください……!』


聞いていた任務より全然厳しいじゃないか、と悪態を吐きつつチームの局員に念話で呼びかける。各々「無理はするなよ」なんて返ってきたけれど、そうも言っていられない状況下でバルディッシュに呼びかける。


「ッ、行くよ…バルディッシュ…!!」

 ≪Yes,sir─────.≫


自慢の愛器からそう返ってきた事を合図に魔方陣を展開する。「無茶しないでね」と言ったなのはの言葉が浮かんだけれど、心の中で苦笑して詠唱を唱えた。


「アルカス・クルタス・エイギアス…………」


全魔力、ではないけれど。ほとんどの魔力を使う一斉射撃。だけどガジェットドローンを一体一体潰して回るよりは効率が良くきっと早いロストロギア単体の破壊より、このガジェットドローンの群れを破壊する方が難儀だから。



「ファイアッ────!!!!」


隊員が全員引いたのを確認して魔力を放出。眼前に広がっていたガジェットドローンが一斉に爆破の連鎖を起すのを目で確認して大きく息を吐いた。


「フェイト執務官、大丈夫ですか?!」
「………はい。魔力の残量が少し厳しい状態ではありますが……」


そう言って苦笑すると、もう一人の隊員が「その若さで大したもんだ」なんて賞賛を贈ってくれる。


「私よりもっと凄い友人が居ますよ。」


まだ任務の途中だけど一難去った後の談笑。なのはの事を思い浮かべながら、そう笑う。なのはに堕とされたことを思い出しながら。


────なのはは、今頃何してるだろう。


そういえば帰ったら話があるって言ってたっけ。


「早く任務を完遂して帰りましょう。」


そう言ってロストロギアの反応が確認された遺跡の方角へと視線を向けて、声を失った。何故なら、また無数のガジェットドローンが群れになってこっちへ向かってきていたから。


「嘘…だろ……?」


どうやら任務の内容に少し誤りがあったんじゃないかと思わざるを得ない。とてもじゃないけれど少数部隊でどうにかできる数じゃない。


「一つ、作戦があるんですが……」


重く感じる体を意識しないようにして、バルディッシュを握る。


「多分このガジェットドローンの動力源は標的であるロストロギアです。だから、私が……遺跡に行って破壊します。」


その間だけ、あの数を相手に耐えて欲しい。かなり無茶のある作戦。だけどこの分だと撤回も難しいだろうから。そこまで言うと「無茶だ」と言いつつやるしかない事を了承してくれた。


「スピードなら君が一番早い。あの群れの中を単独で無事に抜けられるのは君だけだな…」
「はい。ですから……任せてくれますか?」
「決して無茶はするなよ?」
「……大丈夫です、帰った後に約束があるので。」


そう言って笑って、各自体勢を整える。


「バルディッシュ……もう少しだけ、頑張れる?」

 ≪Yes,sir─────.≫

「いい子だ。───ソニック…」

 ≪Sonic,move────.≫


これで攻撃を食らったら結構やばい。けど、先にロストロギアを破壊すれば良いだけ。なのはにはまた怒られるかもしれないけど。


「行きますっ!」


その言葉を合図に、私は全速で遺跡へと飛ぶ。無数のガジェットドローンの合間を縫うように飛んで、後を追ってくるガジェットドローンを薙ぎ払って。早く帰ってなのはに会う。会って、なのはに「応援してるよ」って言える様に。チクリと痛む胸を気にしないようにして遺跡の中に入り込むと、中には小さな宝石のような物体が浮いていた。待合無くこれがロストロギアだね。母さんの雷を彷彿させる色の、綺麗な物体。


「行くよ、バルディッシュ!」


愛器の点滅を確認して、剣を振り上げる。と同時に背後に気配を感じた。一体のガジェットドローンが私の腹部に突進をかけて来る瞬間だった。


「ちっ……」


ロストロギアを破壊すれば、ガジェットドローンが止まるけれどこの距離では間に合わない。どうする……?














【攻撃を避ける】
【防御する】











テーマ : 魔法少女リリカルなのはStrikerS
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

92

Author:92
なのフェイ信者ですw
初心者ですが宜しくお願いしますorz
あと、一応リンクフリーです(^^);

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR