無題1

フェイトちゃん(25)となのはちゃん(10)の話。

web拍手 by FC2












「────…分かってるってば。はいはい。」


ぼんやりと天井を仰ぎながら。私は電話口の相手のぎゃんぎゃん言う声をぼんやり聞いて、それからその後も続きそうなお説教を一気に分断した。


「ちょっと用事が出来たから切るよ。アリサ。続きはまた今度。」


けだるくそう言うと、尚の事電話口の相手は声を荒げたけれど、私は問答無用でその携帯の「切」ボタンを連打した。


外は良い天気で暖かくて、季節はもう春だ。




「はぁー…。」



今日はそんな良い天気だっていうのに。


「締切締切って、煩いんだから……。」


アリサは、と。先ほどの電話相手の名前を口にして、背を床に付けるようにゴロリと寝転がった。

私の名はフェイト・T・ハラオウン。25歳にしてそこそこの賞を取るくらいのまぁまぁ売れてる小説家だ。ようやく担当であるアリサのお小言から解放された私は寝転がって背筋を伸ばしながら次の小説の話を考えていた。

だけど集中したい私の気など知らず、外ではチュンチュン鳥が鳴いていて煩い事この上なくて。挙句の果てにさっきからガサガサと庭の垣根を揺らす音が妙に耳障りに感じた。



「あぁ、もう……さっきから一体何の音────…」


起き上がるのも正直億劫で、出来たら動きたくもなかったのだけどやっぱり音が耳障りで仕方がなくて、私は立ち上がって家の縁側に立つと勢いよく窓を開けた。

猫でも居るんだったら追い出してやろうと、そう思って。





「────…お、お邪魔…してます。ごめんなさい。」


だけど勢いよく窓を開けた庭先で。初めに視界に入ったのは赤い鞄だった。小学生が持つような、そんな鞄。それから次いで、その鞄の持ち主である女の子に目が行った。小さい女の子。10歳くらいだろうか、そのくらいの体格だ。

その女の子は驚いたように蒼い瞳をパチパチさせて、それから行儀よく「勝手に入ってごめんなさい」と頭を下げた。年齢にしては少しだけ大人びた女の子。


「………どちら様で?」


私がそう聞いたのは、その子が頭を上げてからきっかり10秒ほど経った後。




その子の名前は高町なのはと言うらしかった。歳は私が予想した通り10歳。近所の小学校に通っているらしい。

そんな近所の小学生がどうして私の家の庭を歩き回っているのかというと。その子の足元には一匹の猫が擦り寄っていて。


「その猫、君の?」


私の問いかけに、その女の子はふるふると首を振る。じゃあただの野良猫と、それについて来た小学生の子供が家に入り込んだだけかと胸を撫で下ろして「暗くなる前に早く帰りなよ」と口を開きかけた瞬間に。


「この猫、飼ってもらえませんか?」


おずおずと。口を開いたのはその女の子だった。どうやらこの辺をうろうろしている子猫らしい。
突拍子もないそんな小学生の言葉に一瞬何を言われたのかと聞き返そうとして、「無理」ときっぱり即答した。


「あー、悪いけど、正直自分の事もちゃんと出来てないくらいだし、猫の面倒とか見てる暇もないから。」


そこまで言って、君の家で飼ってあげてくれる?と付け足した。

何が楽しくてそんな面倒事を引き受けるもんか。自分のことだってろくに何も出来ないのに。そもそも私は子供が嫌いだ。面倒だし煩いし。

大人気ないとは思うけれどきっぱりそう断って、それから「暗くなる前に帰りなよ」と言いかけた私に。今度向けられたのは泣きそうな顔だった。涙を必死に堪えるような顔。

そんなその子を見て、子供はすぐ泣くから嫌なんだよな、なんて思いながら溜息を吐いた。あぁ、もう。面倒くさい。


「泣かれても困るんだけどな…。」
「世話なら、私がしますからっ。ここに置いてあげてくださいっ」


んな身勝手な。

何もそんな猫一匹で泣かなくても自分の家で飼えば良いじゃないか。そもそも知らない人の家に勝手に入り込んで猫を飼ってあげてとか。


「んー…でも………」


第一、猫を飼うなんて面倒臭い。ましてやそんな猫の世話をしに、自分の家に見ず知らずの子供が来るなんてもっと面倒くさい。


「迷惑かけませんからっ」


なのに。


「………………煩くしたら追い出すからね……」


きっかり1分くらい考えに考えて、私はどうしてかそんな返答をした。

面倒だから断ろうと思ってたのに。そもそも急に知らない子供が家に入って来て急に猫を飼ってくださいとか。意味が分からない。


そう思っているのに、どうしてか私はそんなただの小学生の我儘でもる願いを断る事が出来なかったのだった。


それが、良く分からない出逢い方。なのはと、私の奇妙な生活の始まり。ほんの少しばかり大人びた小学生と、小説家である私との交わるはずもない生活の軸の交わりだった。














続いちゃう






(ӦωӦ)<至って純愛ですよ

テーマ : 魔法少女リリカルなのはStrikerS
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

92

Author:92
なのフェイ信者ですw
初心者ですが宜しくお願いしますorz
あと、一応リンクフリーです(^^);

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR