あららら

特にSSではないけど何か気が付いたら書いていた。
※しかし中途半端に飽きてしまった。

(∫°ਊ°)∫


web拍手 by FC2












「なぁ、フェイトちゃん。」
「うん?」


なのはにメールを打ちながら、私は視線を向けるでもなく「なぁに?」と声だけで返事をして隣に座るはやてに続きを促した。

もう放課後で、外は夕焼けで橙色に染まっていて。今は今日1日局の仕事に出ていたなのはが戻ってくるのを待っている所。


「もうなのはちゃんとした?」
「したって、何を?」
「だから。」


話掛けられたせいで文字を打ち間違えて、慣れた動作で文面を修正。そんな隣ではやては「だから」と少し声を潜める。ちなみにアリサとすずかは習い事があるらしく、今日は早々に帰ってしまった。

そんな放課後の教室での事だった。


「だから?」
「なのはちゃんと……あぁ、もう言わんと分からんか。」


そう言って、一言「エッチ」と悪戯っぽく、どっちかって言うと下種っぽく言った。一瞬目を瞬いて、その言葉の意味を考える。考えて考えて、瞬時に顔が熱くなった。一瞬だけ想像してしまったことを心の中でなのはに謝罪して、慌てて頭を振った。


「し、してないよ!」


何言ってるの、と慌てて否定。思わず声が大きくなってしまって、口を抑えた。ちなみに教室には私とはやてしか居ないのだから、別に声を潜めることもないのだけど…。


「なんやー、してないのか。」


なのはちゃんかわいそ、なんて。


「なっ、なん───…」
「えぇか?フェイトちゃん。」
「なに?」


それから「放っておいてよ」と顔を背けた私に、はやては声を潜めて少しだけ真顔になって。どことなく真剣なその表情に思わず息を飲んで、それから耳を傾けた。


「される方からは言い難い事なんよ、これは。」
「なっ…///」


何言ってるの、と繰り返し同じ事を言おうとした私の言葉に被せるように、はやては更に言葉を続ける。


「しても良いよ、っていうサインがあるんや。」
「し、知らないよ!///」
「フェイトちゃんは知っとかなあかん!」
「いらないったら!///」
「えぇから!聞いといて損はない!」


黙って聞き、なんて私の肩を掴んで抑え込んで。至って真剣な顔で、はやては得意げに、その“サイン”とやらを聞かせたのだった。






















「───でね?その時に、魔力シフトの変換が……」


それから、はやては先に帰ってしまって。直ぐ後になのはが学校へとやってきて。今現在私はなのはと一緒に帰宅しているところ。なのはは仕事の話とか魔法技術の話を聞かせてくれていた。

ちなみにこの頃にははやてが言っていた変な話なんて頭からすっかり消えていたんだけど。


「フェイトちゃん、聞いてるー?」
「うん。聞いてるよ。なのは、空を飛ぶのが本当に好きだよね。」


聞いていればわかる。本当に楽しそうに話すから。だから、なんだかちょっとだけ空に嫉妬するような、そんな気分。なんて冗談っぽく言うとなのははほんのちょっとだけ頬をピンク色に染めて。


「空を飛んでるのも好きだけど、やっぱりフェイトちゃんと一緒に居る方が好きかな。」


なんちゃって。とか少しだけ悪戯っぽく笑ってそういうなのはは、自分で言ったことに恥ずかしそうに笑った。そんな可愛い事そんな可愛い顔で言われても…。なんだか少しだけ泣きそうになった。


「えと…今日フェイトちゃんの家寄ってっても良い?」


ちらりと視線を向けて、ちょっとだけ上目づかい。


「あ、……うん。」


散らかってるけど。なんて、妙に乾いた声が出た。



“───良いか?フェイトちゃん。”


恋人のOKサインは。なんて神妙に力説されたついさっきのはやての言葉が脳裏を過る。


“しても良いってサインは、「部屋に行っても良い?」って上目遣いから始まるんや。”


いやいやそんな馬鹿な。まだ私たちには早い。なのはがそんなこと……。まさか。待ってるだなんてまさか。


「フェイトちゃん?」
「あ、うん。えっと……今日家に誰も居ないから大したお構い出来ないけど…。」
「アルフさんも居ないの?」
「えと。仕事…かなぁ?」


しどろもどろに変な声でそんな風に答える私は少しだけ挙動不審だ。それもこれも全部はやてのせい。はやてが変なこと言ったせいだ。「アルフ、最近ユーノの手伝いとかに行ってるから」なんて付加情報を付け加える私に、なのははちょっとだけ悪戯っぽく笑って。


「じゃあ、二人っきりだね。」


ちょっとだけ頬を染めて、そんな風に言ったのだった。















言ったのだった。

(∫°ਊ°)∫








テーマ : 魔法少女リリカルなのはStrikerS
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

92

Author:92
なのフェイ信者ですw
初心者ですが宜しくお願いしますorz
あと、一応リンクフリーです(^^);

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR