誘惑

耳への接吻は誘惑のしるし。
っていうのを前に書いたので。

web拍手 by FC2








外は雨。しとしと降る雨の音を聞きながら、私は少しだけ憂鬱めいた溜め息を吐いた。カチャカチャと目の前に並べられる陶磁器に琥珀色の液体が注がれて、ほんのり漂う上品な紅茶の香りに目を閉じる。


「今日はご機嫌斜めですね、お嬢様。」
「その話し方と呼び方嫌い。」


紅茶を注いで、それからくすっと笑った私専属の執事の言葉に余計に不機嫌を募らせた私は素っ気なくそう言って、彼女から顔を背ける。わざとそんな言葉遣いをしたその執事は金色の綺麗な髪を耳に掛け整えて。


「それは失礼。───…残念だったね、なのは。」


それからいつも通りの話し方に戻して、優しくて意地悪な微笑を浮かべたのだった。

彼女の名前はフェイト・T・H。さっきも言った通り私専属の執事である彼女は、執事であると同時に私の恋人でもある。世間一般的に言うと私はお嬢様で彼女は執事と言う立場。到底許されないような関係に思えるかもしれないけど、そんなことも無い。───…恋人になった経緯とかは、まぁ別の機会にお話しするとして。

私、窓の外でしとしとと降り注ぐその雨に本日二度目の重い溜め息をついたのだった。


「折角楽しみにしてたのに。」
「えぇ、非常に残念ですね。」


わざとらしい敬語に意地悪な笑み。折角の休日。本来ならば今日は天気が良ければ彼女と一緒に買い物に出かけるという予定だった。フェイトちゃんは「なのはを人目に曝したくない」とかいうよく分からない理由で断固反対していたけれど。

それでも「命令」と一言言えば逆らえないというのが私と彼女の立場だ。こんなのはあんまり好きじゃないけれど。それでもいつも意地悪な事を言う彼女に仕返しとばかりに「命令」と言った時、彼女がちょっとだけ悔しそうな顔をしたのは存外気持ちが良かったりもする。


「フィとちゃん、雨が振るって知ってたの?」
「まさか。───…いくら私でもそこまで意地悪ではないよ?」


くすくすと笑って、紅茶に合う洋菓子を楽しそうに出すフェイトちゃんはそう言って「冷めないうちにどうぞ」と紅茶を勧めてくれて。私はそれに口をつける。温かくて香りの良いその紅茶を飲みながら。


「買い物は明日ね。」
「────…必要なものなら私が取り揃えるよ?」
「それじゃ嫌なの。」


私を屋敷に閉じ込めておくつもり?と小さく睨む。フェイトちゃんと一緒に出かけることに意味があるのに。鈍感。私のそんな我侭に少しだけ残念そうにしたその執事は、やれやれと言わんばかりに溜め息を吐いて。


「どうしてそんなに町に行きたいのか分からないよ。」


とだけぼそりと呟いた。


「雨は退屈で嫌だなぁ……お散歩も行けないし。」
「なのは、勉強があるよ。」
「………。」


買物には行けなくなってただでさえ憂鬱だっていうのに。ちっとも勉強なんて気分じゃない。相変わらず意地悪な事を言うその執事の髪を引っ張って。耳に掛けた金髪がサラリと零れた拍子に、彼女の耳に光るピアスが目に入った。

去年の彼女の誕生日に私がプレゼントした物。彼女の綺麗な瞳のような紅い石が装飾されたピアス。「そんなのいらないのに」と言いながら渋々受け取ったくせに、ちゃんとしっかり着用している事にちょっとだけ落ち込んでいた機嫌が浮上した。


手にしていた紅茶のポッドを静かにテーブルに置く彼女に。私は椅子から立ち上がって、その執事の耳元へ唇を寄せた。


「痛いですよ?お嬢様?」



フェイトちゃんは驚いた顔をしてから意地悪く口角を上げる。
静かに彼女の耳元のピアスに触れた唇。それは、なんということはないただのご褒美。そう、ただの、美味しい紅茶の。


「どーもありがと。」


普段なら滅多に言わないそんな言葉が、上機嫌な私の唇から転げ出た。そんな言葉に驚いたのか、一瞬呆けた顔をしたその執事は、数回瞬きをしてから、綺麗な微笑を浮かべて自分の首元のタイを緩める。何事もキッチリしている彼女が服を着崩すなんて珍しい。


「な、なにっ?」


と思ったのも束の間。彼女はタイを緩めたその手をゆっくりと私へと伸ばしていとも容易く軽々私を持ち上げて。


「ふぇ、フェイトちゃん!ちょっと!」


下ろしてよ!と言う私の言葉も聞かず、相も変わらず意地の悪い微笑を浮かべたまま私をすぐそばのベッドへと下ろすと、耳元で静かに囁いた。


「こんな朝からそのようなお許しがあるとは、驚きました。」


低い声で意地悪に、ほんの少し甘い囁き。わざとらしい言葉遣い。一体何のことかと身を起こした私に、意地悪な微笑を浮かべたまま開かれたその薄い唇。





─────耳への接吻は誘惑って、言うでしょう?





耳元で囁かれた言葉に、そんなの知らない、って言おうとした言葉は。


彼女の唇に塞がれて、熱に翻弄されたまま溶けて消えた。
















( ˙-˙ )

コメント

非公開コメント

プロフィール

92

Author:92
なのフェイ信者ですw
初心者ですが宜しくお願いしますorz
あと、一応リンクフリーです(^^);

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR