お炊き

何の更新もないのもあれなので、没になったやつとかお炊き上げに載せとこうかなって。。
中途半端なんですけどね・・・w

何かの機会があったら続き書きたいなっていうか。
今やってる新刊に載せようかなとか色々考えてます。
手錠の話は多分、新刊に載せられたら載せたいなって。そもそも出せんのかなwwww

未定ですけど^^^^^^^ねw web拍手 by FC2







窓の隙間から吹いてくる心地よい春風。そんな心地の良い風を、まどろみの中で感じながら、近づいてくる足音を待つ。


「フェイトちゃーん、お待たせ。」


微かに足早に。やって来たのはきっとなのはで、私はまどろみの中から抜け出せずに、返事も身動きも出来なくて、私を呼ぶなのはの優しい声を、ただ心地良く、薄らとした意識の中で聞いていた。

卒業するまであと1年足らず。なのはも私も、それからはやても進む道はそれぞれ別の道で、こんな風に放課後に居眠りをするのはあと何回出来るのかな、なんて相変わらずぼんやりまどろんでいる中で。


「……フェイトちゃん?」


微かに髪に触れて、撫でる指。温かくて優しいなのはの手だった。優しく呼ぶ声も心地よくて、私は未だにまどろみの中から抜け出せなくて、なのはに「おかえり」も言えてなくて。

そんな中。


「……。」


優しく私の髪を撫でて、ほんの少し。微かになのはが笑った気がした。


「もしもし、……好きですよ。」


クスッと笑って小さく囁くような声。

遠くまどろむ意識の中で聞こえたなのはの声は、とてもとても甘くて優しい声だった。

それは中学3年生になってすぐの春の事で、その言葉の真意もなのはに聞けないまま、その場に皆がやって来てアリサに叩き起こされて。だから結局その言葉がどんな意味だったのか、時が経つにつれてそもそもそれが現実だったのかの判断も、私には出来なかった。












そうして、未だにあの時のなのはの言葉の真意も聞けないまま、有耶無耶に思うままに数年が経って。私は執務官として、なのはは教導官として。それぞれの仕事に明け暮れる毎日を過ごす、そんなある日の事。航行から帰航した私に舞い込んだ仕事…なのかな?


「えっ?広報部?……私、そういうの苦手なんだけど…」
「なのはちゃんも一緒らしいから…お願いや。」
「で、でも……」


それは、親友であるはやてからの頼まれごと。


「…って、なのはも一緒なの?」


何気なくはやてが持ってきた「頼み事」に、私はちょっと眉を寄せる。

はやての頼みって言うのは管理局の局内誌のような広報物の、いわゆるインタビューみたいなもの。どうやらテーマは「長年の親友」ということで私となのはが対象らしい。

どうしてそのメンバーにはやてが居ないのかというのは少し疑問に思うけど、たぶんはやての事だから私たちをダシにして逃げたんだろう。それはもう良いんだけど。


「そうや。なのはちゃんも読んでおいたからもうすぐ来ると思うんやけど…」


そんなはやての言葉に、何となく。胸がとくんと跳ねた気がした。




“もしもし、……好きですよ。”



あれから随分経っているし、結局あの時のなのはの真意も計れていない。

それ以来、どうしてか私はなのはを意識せずにいられなくて。そんなもやもやを抱きながら数年過ごしていて。何となく、航行から帰航して久しぶりになのはに会うからか余計に。いつもより、緊張を孕む。


「あ、2人ともこんなところに居たんだ。」


が、そんな私をよそに時間を幾ばくも掛けずなのはがやって来た。

「フェイトちゃん航行から戻ってたんだね」なんて言って「おかえり」なんて続けられた言葉に、私はなるべく平静を装って小さく「ただいま」と返す。


「それで、はやてちゃんのお願いって何だったの?…あれ?もしかしてフェイトちゃんも一緒?」


はやてってば、どうやらなのはに詳しい話をしていなかったらしい。はやては私の目の前で、私にしたようになのはに同じ説明を始める。その説明を聞いたなのはは、ちょっとだけ苦笑を交えて「しょうがないなぁ」なんて笑うわけで。


そうして、私となのはと。どうしてか広報部なる局内の部署のインタビューを受けることになったのだった。








・・・・。








途中ですがここでおしまい。







結局インタビューの最中になのはさんがめっちゃ恋してるアピールしててフェイトさんが「えっ、ちょ…?え?」みたいになるような話にしたかったのかなぁ。それともなのはさんがいい加減しびれを切らしててインタビュー中にちょっかいだしてくるような話にしたかったのかあるいは(略)

「昔、告白っぽいことはしたことあるかなぁ」みたいに言うなのはさんの揺さぶりとかね。「でもその人鈍感だから」とか言いたい放題言うなのはさんの隣に座るフェイトさんとかでもなんでもいいわ。想像にお任せ!的な!←



【続か】\(・ω・)/【ない】 






テーマ : 魔法少女リリカルなのはStrikerS
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

92

Author:92
なのフェイ信者ですw
初心者ですが宜しくお願いしますorz
あと、一応リンクフリーです(^^);

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
FC2拍手記事別ランキング
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR